ご挨拶

信用は無限の資本なり。

信用とは、企業の社会的責任と期待を真摯に受け止め完遂することで得られる、企業として何より大切な資本であると肝に命じております。
社会の課題を解決することで、多くの皆様に喜んでいただけることが、我々の仕事に対するモチベーションにつながっております。
信用は積み重ねることで将来への信頼へつながり、信頼とは一方通行ではなく相互関係のうえに成り立つものであると考えております。お客様や弊社社員はもとより、関わっていただける多くの皆様を信頼することによってはじめて我々も信頼を得ることができると考えております。

常にお客様の立場になって、とことんお客様の満足を追求することで「信用の資本化」の実現に むけて精進してまいります。

「心の豊かさ」を育む企業であり続けたい

多くの人の心を豊かにし、幸福感を感じてもらえるには、まず我々自身の心が豊かであるべきだと考えております。
心の豊かさには、以下のファクターがバランスよく整ってはじめて達成できるものだと考えており、 心が通う仲間と叶えるべく夢のある企業づくりに取り組んでおります。


・経済的な豊かさ・時間のゆとり・生き甲斐・やり甲斐・円満な人間関係

共感主義こそ強み

「ものづくり」をするには、まずは「ひとづくり」からです。
「理念」「倫理観」「価値観」を大切にし、各自が自分たちの軸をもち  目には見えないけれど、
想いを共感しあえる企業文化を醸成していきたいと考え、人を育てる仕組みづくりにおいては以下を大切にしております。

・目に見える報酬だけではなく、時に仕事の報酬は仕事で得る
・苦労や困難を自分の成長の糧とし、人として成長する
・単なる機能集団ではなく、対話を通じて力を結集できる
・人と人とのつながりを大切にし、互いを尊重できる人間関係や絆を重んじる

継続は力なり

弊社のエンジニアは、技術だけを追い求めることを目指しておりません。
現在の伝統的な習慣を進化させるために仕事をしているのです。我々が世界を進化させることのできる手段、それがテクノロジーです。革新的なモノや仕組みを創り出すため、課題や要望にお応えできるために必要な「創るためのテクノロジー」だと捉えております。

これからも我々は、現在までに存在する伝統的習慣に対して、テクノロジーや革新的商品・サービスを提供することで、多くの人に【笑顔】【感動】【幸せ】を与え弊社の【ファン】になっていただける会社づくりを目指してまいります。
現状に満足することなく、【未来=夢】を実現させる為に、各自のもつ個性や特技などを駆使し、総力を結集し、リスクを恐れず突き進む者の集団であり続けたいと思っております。

月村 俊之

企業情報

  • 経営理念
  • ご挨拶
  • 企業データ
  • 沿革
  • 情報セキュリティ基本方針
  • 内部統制基本方針
  • 反社会勢力遮断方針